【ワークキャンプ5】インドネシアで嘔吐,高熱,大惨事【発病編】

******************************
せーまをフォローする
スポンサーリンク

食中毒?4人嘔吐で6人高熱。

発病数時間前

写真は、

ワークキャンプでの活動3日目。

 

近所の子供たちと遊んだ午前翌日の学校訪問に備えて作業を進めた午後と。

 

充実した活動を送れたことに

満足しながら夕食にお好み焼きを食べている際の写真です!

 

みんな楽しそうですね。

 

この数時間後に生存(元気に)しているのは3人だけ、とは信じ難い笑顔です。

 

日本の食事をみんなに楽しんでもらった後は、屋上で風に当たりながら学校訪問準備のつづきに取り組むことに……。

 

発病・発生

 

屋上での作業が1時間ほどたったころには、近所の子供たちとの遊びで疲れたメンバーは眠り、作業を続けていたのは残り5人だけになっていました。

 

(平均睡眠時間の短い僕は勿論その中の一人)

 

せーま
せーま
 
 
 

みんな、6~8時間くらい平気で寝るもんだから驚いたなぁ。小学生かっ。

 

小学校訪問のために僕のPCで作業をしていたのですが、ノートパソコンを複数人で操作するわけにもいかないので

 

「あとは、俺が夜中やっとくよー」

 

といって、他メンバーには作業しつつ寝る準備に入ってもらいました。

 

23:00くらいだったかな。

 

インドネシアのメンバーが時間にルーズなのは予想していたけれど、日本メンバーもなかなかマイペースな人たちが多く、昼よりも一層作業が捗る夜でした。

 

「ちょっと下行ってくるね

 

23:00を少し回ったところで、僕は作業を中断して、寝ているメンバーの様子を見に階下に行くことに。

 

せーま
せーま

実は少し前からインドネシアメンバーの一人とAさんとかBさんとか顔色悪くない?と心配して話していたんです。

階段を降りようとしたその瞬間から長い夜が始まりました。

 

この日の夜はここからが本番だったわけです。

 

メンバーのひとりから

 

「突然気分が悪くなり嘔吐してしまった」

 

と聞いた瞬間、寒気を感じたのは

 

コンクリートの階段に素足で立っていたからでも、風の冷たいインドネシアの夜のせいでもなく、嫌な予感があったってしまった焦りが故でした。

 

束の間、僕の脳は、

“インドネシアの知らない村で体調不良を訴えるメンバーをどうして看病すればよいのか”。

 

その考えだけに満たされ、学校訪問準備のことなどすっかり忘れてしまっていたことを、はっきり覚えています。

 

看病・長い夜

 

起きていた五人のうち、とりあえず具合が悪いのは1人だったのですが。

 

もう一人、体調があまり優れないメンバーがいたので、僕を含めた3人で清掃&看病をはじめることにしました。

 

「自分でやるからいいよ、大丈夫、ごめんね」

 

発病したときと泥酔したときの、“大丈夫”は、イコール“大丈夫じゃない”なので黙って休ませました。

 

シャワーすらない村に、アルコール消毒などあるはずもなく、清掃は紙でふき取ったあとに沸騰させたお湯で殺菌。という懐かしい方法です(やったことないけど)。

 

清掃は一旦ほかの二人に任せ、僕は体調のすぐれない彼女につくことに。

 

せーま
せーま

日本語話せるひとがついていたほうが良いだろうとおもったのでね。

ここから本格的に僕のナース業が始まります。

 

彼女の体調を気遣いつつ、袋と紙のセットをいくつか用意し、

 

バッグからマスクビニール手袋ビニール袋使い捨てのスリッパ粉末のポカリスエットアルコール除菌シート(あるの忘れてた、落ち着け自分)ポケットティッシュ冷えピタ体温計をひっぱりだしました。

 

せーま
せーま

使うことないと思ってたからバッグの底に眠ってた。

出発前の自分にこんなに感謝することになるとは。

 

僕がバッグから荷物をひっぱりだしたり、うろうろしたりのガサゴソで、何人かのメンバーをおこしてしまいました。

 

確か24:00くらいのことです。

 

起きたメンバーに体調を確認すると、

これまた悪い予想が当たってしまい

 

「吐こうと思ったら吐ける」

「ちょっと気分悪いかも」

と……。

 

一人は風に当たりに外へ

一人は病人を気遣ってくれ

もう一人は爆睡していました(この惨事に気付きもしない)。

 

続く

 

一人目の嘔吐でトリガーが引かれた感…。

これから先も大変になりそうな予感…。

 

予感反せずここからが大変でした。

 

朝まで寝ずの看病をしたあと

病院に行き英語で受診&通訳、

発病again、

買い出しから各手続きの確認、

復活に至るまでの話

 

は次の投稿にて書きます。

 

みんな無事に復活するからはっぴーえんどです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました