「正しい波で黒人差別主義を飲み込みたい。」20.6.4

******************************
せーまをフォローする

黒人差別を考える。

 

デモが起きた経緯などに関することは

ネットやニュースの方が

僕の何倍も詳しいのは明白なので。

僕自身の考えや経験、思いを書きます。

 

 


発言の全てに違う視点と見解がある


 

まずネットやTwitter、友達の話など

上がってる意見をさらうと。

 

 

 

・黒人差別反対、デモ賛成

・アジア人差別には行動起こさないのに、黒人差別だけ特別視してる感じがある。

・デモ起こしても何も変わらない

・他人事にせず考えなければならない

・こんな世界間違ってる

・肌の色で差別する意味が分からない

・ANTIFAとか中国が焚き付けたり、暴徒化させてるのに気づけ。

 

 

 

とかそんなとこかな。

もちろん他にも大量に

#BlackLivesMatter を背負った意見が

飛び交っていますが……。

 

 

 


僕の考えたこと。


 

 

せーま
せーま

ここからが、僕の考え。答えなんて出せるはずもないけど、考えることが大事だよね。愛だよね。無関心よりは良い、少なくとも。

 

 

解決が困難で

個人の手には収まらない強大な問題を前に

議論はいつだって

 

 

「じゃあ、自分に何ができるだろう」

 

 

ってとこに向かっていくのだけれど。

 

 

 

この黒人差別問題に関して

僕が向かった先にあったのは

 

 

「”波”の一部になること」

 

 

でした。

 

それしかなかった。

 

 

 

せーま
せーま

先に述べたように、この議論には発言するひとそれぞれの視点があって、相応の見解があります。

 

 

 

まっすぐに問題をとらえずに

裏に蠢く政治の影や

陰謀を探るのも間違いじゃないし。

 

 

アジア人差別は笑っていたのに、自分たちだけ?

ってなる気持ちもわかる。

 

 

 

ただ、今世界がむいている方向は

紛れもなく黒人差別なわけで。

 

それを無くしたいっていう

共通目標を多くの人が抱いているわけで…。

 

 

 

いま、根絶できる可能性が高まっているのは

アジア人差別よりも黒人差別なわけです。

 

 

 

差別主義を飲み込む大きさの波は

黒人差別問題に向かっています。

 

 

 

そこで、僕らに必要なものって……。

 

 

 

気を衒った斬新さよりも

その波の一滴になることで。

 

無関心で横目に通り過ぎることよりも

その波に飛び込むことで。

 

スクロールした指を放ってしまわないで

いいね!ボタンを一回押すこと。

 

だと思うんです。

 

 

 

1950年代の公民権運動をもって

法律上の黒人差別はなくなりましたが

言わずもがな現代にも差別は蔓延っています。

 

 

 

僕らのおじいちゃん・おばあちゃん世代の人は

黒人差別が合法だった時代

に生きていたわけですから数年のうちに

それがゼロになる可能性はゼロだと思います……。

 

 

じゃあ

その人らが死ぬのを待ってれいば

差別は消えるのか…。

 

 

 

ノーです。

 

 

 

歪んだ思考も、正しい思考も

等しく伝染し

親から子へ。友へ。蔓延します。

 

 

 

だからこそ、歪んだ思考の集団や

悪を良しとする伝染を

飲み込まなければいけないと思うのです。

 

 

 

せーま
せーま

正しい波を作ってね。

 

 

公民権運動時代にはなかった

伝染力が現代にはあります。

 

 

何気ない1ツイートが

人を傷つけてしまう事に等しく、

1いいね!が人を救うことだって

あると思うのです。

 

 

正しい波の揺れが

見えない誰かに届くと思うのです。

 

 

 

黒人差別は悪で、間違いで、根絶すべきこと。

 

それは世界が逆さになったところで変わらない

1mmの曇りもない真理です。

 

 

 

それなのに考えもしない。

関係ない、と一蹴する人も多数います。

差別を肯定せずとも

できる行動をせずに

手を差し伸べないことだって同じ悪だと思います。

 

 

 

嘘とか忖度とかフェイクとか。

そんな不確かでグレーな茫漠が僕らを囲む現代ですが。

 

 

「差別があって、血を流す人がいる」

 

 

これはその茫漠の中で

手で掴むことのできる程に確かに存在します。

 

 

そんなことしても無駄だよって笑う人

の何倍も信じられます。

 

 

 

綺麗事だって笑う人に。

綺麗事を突き詰めて、突き詰めて、突き詰めて。

それでも無くなってないのが

差別なのだと教えてあげたいです。

 

 

 

最後に、

デモが暴動に発展してしまっている件について。

 

 

暴力を肯定することなどできませんが

大きな問題として取り上げられたからこそ

世界中に広まったことも事実です。

 

 

僕らが作る波の先には

デモに参加し、

文字通り戦っている彼らがいるわけです。

 

 

だから。

 

 

少しでも、大きく、強く

思いを届けてあげたいです。

 

 

暴力に訴えずとも

数年前にはなかった伝染力が

彼らを守る。

差別をなくすのだ、と教えてあげたいです。

 

 

#BlackLivesMatter 

 

 

 

せーま
せーま

色んな人の考えに興味があるので、何か感情が生まれたら、SNS等で聞かせてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました